金券ショップやオークションを活用!株主優待券でお得にJALを使おう!

- JALの株主優待券を利用する流れ

新着情報

◆2016/04/19
JALの株主優待券を利用する流れの情報を更新しました。
◆2015/07/29
新幹線回数券の利用方法と注意点の情報を更新しました。
◆2015/07/29
日本旅行トラベルギフトカードの豊富さ!の情報を更新しました。
◆2015/07/29
色々役立つギフトカードの紹介の情報を更新しました。
◆2015/07/29
ハウステンボス優待券を利用して旅費を浮かせるの情報を更新しました。

JALの株主優待券を利用する流れ

JALの株主優待券を使えば安くで飛行機のチケットを購入する事が出来ます。
しかしどのような仕組みになっているのか気になる人は多いと思うので紹介していきたいと思います。

まずJALの株主であるとして1000株持っているとしましょう。
株主であるという事は株主優待券買取ならこちらを受け取る事が出来るという条件になるので年間で1回株主優待券がJALから送られてきます。
ですので年に1回はJALのフライトを利用して日本国内のどの路線でも普通運賃からの50パーセント割引で飛行機を利用出来るというシステムになっているのです。
1年間でいつでも使う事が出来るという事なのですが、人々はやっぱり得に使いたいと思っている人は多いので、出来るだけ運賃がアップするシーズンで半額で利用するという考えてを持っています。
なので、必然的に旅行シーズンのピーク時にJALの株主優待券を使うというケースが多いようです。
ピーク時とうのは、年末年始のたくさんの人が旅行へ行くシーズンであったり、ゴールデンウィーク、またはお盆などになります。
連休の始め、終わりを有給で繋げるという方法を取る人も多いので、国民の休日にプラスして自分で休暇をアレンジするという人もいます。
また3月の後半から4月のはじまりの学生の卒業式、入学式、そしてサラリーマンなどの移動や転勤が多い時期でも利用は多いのです。
路線によっては割引がない!という物もあるので、その場合では優待券を使って普通料金から半額になった方が国内旅行を効率よく楽しめるという事になります。
株主の優待券は株を持っている本人に勿論送られてくるという決まりになっているのですが、この優待券は本人しか使う事が出来ないのでしょうか?
それでしたらもしたくさん株を持っている場合でしたら優待券もいっぱい送られてくる事になり、使いきれない!という現象が起こってしまうと思いませんか?
それは安心してください!もし使いきれなかった場合は人へ譲って他の人が優待券を利用する事が可能です。
また、使わなかった優待券を売りたい!と思えばそれを売る事も出来るのです。
よく使う方法では「金券ショップ」または「ネットオークション」それか買いたいという知り合いに売るという事が出来るので、無駄にはならないと思います。
一つだけ気を付けないといけないのは優待券には期限があるという事です。
これを忘れてしまっては本当に使いものにならない何もない券になってしまうので、それだけは忘れないように注意して扱うようにしましょう。